心髄の京都

特別拝観&体験プラン

当会は、インバウンド事業に取組み、欧米、インド、台湾、中国方面からの団体やVIPまで受け入れをしております。
ここ最近では企業インセンティブ・コンベンションや富裕層向けの観光アクティビティやお客様や企業様の観光やイベントのコンセプトニーズを実現するためのご提案し手配させていただきます。


臨済宗 大本山妙心寺塔頭

 大雄院(だいおういん)

大雄院は、大本山妙心寺山内の北に位置し、慶長8年(1603年)石河紀伊守光元(竜野城主)の長子石河市光忠(徳川尾張藩家老)により父光元公の菩提を弔うために菩提所として創建されたもので、光忠の叔父にあたる慧南玄譲を開祖としています。
京都府指定・登録文化財として客殿と書院、庫裏、表門があり、客殿と書院は享保11年(1726年)に再建された。

大雄院(だいおういん)
大雄院(だいおういん)
大雄院(だいおういん)
大雄院(だいおういん)
大雄院(だいおういん)

 拝観コース:客殿(本殿)→庭園

 別プラン(座禅体験、お坊さん体験)

京都市右京区花園妙心寺町52

 JR/「花園」駅下車 徒歩15

 市バス/「妙心寺北門前」下車 徒歩10分

 京福電車/「妙心寺」駅下車 徒歩5分



本門法華宗

 大本山 妙蓮寺(みょうれんじ)

大本山妙蓮寺は、宗祖日蓮大聖人より帝都弘通宗義天奏の遺命を受けた日像聖人によって、永仁2年(1294)に創建された。日像聖人が遺命を果たすため鎌倉より京都へ上られた時、五条西洞院の柳酒屋は深く聖人に帰依し、未亡人は邸内に一宇を建立して聖人を請じ、卯木山妙法蓮華寺と称した。これが妙蓮寺の縁起である。(柳の字を二つに分けて卯木山という。)その後、たびたびの法難にあったが、応永年間(1420年頃)本勝迹劣、本迹一致の論争を契機に妙顕寺を退室した日慶聖人によって柳屋の地に本門八品門流として再興された。その後、寺域を堀川四条に移し、皇室ならびに伏見宮家と関係深い日応僧正を迎えるにおよび、皇族始め足利将軍義尚等の参詣多く、また今出川家の公達日忠聖人は、三井寺より改宗して当寺に投じて学室道輪寺を創立し、本化教学の道場を開く。ここにおいて当寺の法運は隆昌を極め、山門の様式も格式高いものとなった。

大本山 妙蓮寺(みょうれんじ)
大本山 妙蓮寺(みょうれんじ)

 拝観コース:庭園→宝物殿

京都市上京区寺之内大宮東入妙蓮寺前町875

 市バス/「堀川寺ノ内」下車 徒歩5分



100年以上つづく上賀茂の農家さん

 森田良農園もりたりょうのうえん

安全でおいしい野菜をできるだけ環境に負荷をかけずに提供。「一粒のタネが命をつなぐ」が合言葉で母なる大地にタネをまくことで農家は「生命維持産業」と言い切る上賀茂の三代目農家さん森田良彦。

森田良農園(もりたりょうのうえん)
森田良農園(もりたりょうのうえん)
森田良農園(もりたりょうのうえん)

 体験プラン:農業体験、収穫体験

 見学すぐき(冬期のみ)

京都市北区上賀茂池端町39-1

 地下鉄烏丸線/「北山」駅下車 徒歩15分

 市バス/「深泥池」下車 徒歩すぐ



具足山

 本山 立本寺ほんざん りゅうほんじ

はじめは、竜華院櫛笥寺といい、1321年日像上人によって創立され、1708年に京都大火災後に現在地にうつった。三具足山の一つ。日蓮宗不受不施派。日蓮宗京都八本山の一つ。本堂、鬼子母神堂、鐘楼、方丈、客殿、庫裡などの建物は江戸時代を代表する寺院建築として京都市の文化財に指定されている。
灰屋紹益の墓があることで知られている。灰屋紹益は江戸初期の豪商で当代一流の文化人。遊女の吉野太夫を身請けしたことで有名になった。また、関ヶ原の西軍の軍師、島左近の墓が有ることでも有名。

本山 立本寺(ほんざん りゅうほんじ)
本山 立本寺(ほんざん りゅうほんじ)
本山 立本寺(ほんざん りゅうほんじ)
本山 立本寺(ほんざん りゅうほんじ)
本山 立本寺(ほんざん りゅうほんじ)

 拝観コース:客殿→庭園→本堂

京都市上京区七本松仁和寺街道上一番町107

 市バス/「千本中立売」下車 徒歩10分

      「上七軒」下車 徒歩10分

      「北野天満宮」下車 徒歩10分


 京福電車/「北野白梅町」駅下車 徒歩20分



 大将軍八神社たいしょうぐんはちじんじゃ

当神社の御鎮座は桓武天皇が平安遷都された延暦13年(794年)勅願により、方位守護の神として、内裏の北西角の地に勧請された。平安朝以来、王城鎮護の神として篤い崇敬を受け、建築、移動、転宅、婚姻、旅行、交通等あらゆる人間生活において方位の厄災から守護する神として信仰された。平安時代に流行した今様には、霊験あらたかな神として大将軍は、祇園、日吉、賀茂社と同列に歌われている。神社境内に建つ宝物館の「方徳殿」には、需要文化財の大将軍神像77体と府文化財の陰陽道古天文暦資料を陳列しています。

大将軍八神社(たいしょうぐんはちじんじゃ)

 拝観コース:方徳殿(宝物庫)

京都市上京区一条御前通西入西町48

 市バス/「大将軍」下車 徒歩8分

 京福電車/「北野白梅町」駅下車 徒歩8分



 追加プラン

有名寺院や施設を借切り非公開の空間を使い京都でも指折りの料理人が、贅を尽くし日本料理会席をお客様方の為に料理させていただきます。お食事をしながら日本古来の伝統芸能に親しみながら他では体験できない特別な時間をご提供させていただきます。
京都の花街、祗園や上七軒での芸妓、舞妓ではない島原の太夫とのお座敷遊びの奥深い世界へご案内もさせていただきます。

お気軽にお問合せください。

【お問合せ先】:北野界わい創生会 担当:鳥井光広

090-9610-2012 FAX:075-463-4698

京都市上京区中立売通六軒町西入三軒町65
http:www.torii-kitanokaiwai.com E-mail:toriisan@deluxe.ocn.ne.jp

西陣まち歩きコース
インバウンド向けガイド手配

法人様向け(ホテル・旅館・旅行会社 ・旅行サービス手配業の関係者の方へ))英語・中国語用

京町家体験
プレミアム体験(食事付特別拝観)
講師・セミナーのご依頼について